Dongree Books & Story Caféさんを訪れました

古民家カフェの取材も最終日を迎え、その6店目として、本日は石部でブックカフェを営まれているDongree Books & Story Caféさんを訪れました。築50年になる古民家をリノベーションして作られたカフェ空間には、400人近い方々から提供された「栞本」が並びます。栞本は、本の持ち主だった方のメッセージが書かれた栞を挟んだ世界に一冊だけの古本で、その栞本を介した新たなコミュニケーションの形を探られています。店主の方自ら焙煎される「石部ブレント」「湖南ブレンド」は、かつての宿場町であった石部と市町村合併によって作られた湖南のそれぞれの町をイメージして作られたそうです。古民家で本に囲まれていただくそれらのコーヒーは、食と住の深い歴史的なつながりを感じさせてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です